読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シリアの思い出

その旅をスタートさせて三ヶ月目。ドイツ、オーストリア、チェコ、ハンガリー、クロアチア、セルビア、モンテネグロ、ルーマニア、ブルガリア、トルコ。以上の国々を経由してシリアに入国した。 ゲルマン民族による中世のゴシック建築立ち並ぶ中欧の街から、…

現代日本の格差社会

ポンチョ佐藤:(河川敷にて)久々に高橋さんのご自宅での対談ですね。 サムソン高橋:段ボールにかこまれて暖を取らなくても生き延びられる季節って、最高! ほら、シートのブルーも青い空をバックに目に鮮やか…梅雨時には荒川の濁流に飲まれりして、チョッ…

ドーパミンとオキシトシン

サムソン高橋:(股間を広げて飛びかかり)淫獣アターック! ポンチョ佐藤:(無言で股間に蹴りを入れる) 高:(股間を押さえてのた打ち回る) P:どうしました? 春も近いし、また持病の発情期の発作ですか? 高:…貴女は見なかったの? バンクーバーオリ…

バルセロナにて

ゲイであることをエンジョイしているリア充オカマどもに恨みを抱くのが常の私が、スペインのゲイ・フレンドリーなリゾート・シッチェスにて、こともあろうにおだやかな気分になったのはなぜだろう。 シッチェスでゲイの存在は、ほとんど空気のようなものだっ…

マドリードのゲイバーにて

ショック! ショック! ショック! これ以上だと著作権承諾が必要なのでここまでにしておくが、とりあえずショックなのである。何がショックなのかというと、ピンクレディーの振り付けをしていてもまったく誰にも見向きされないのだ。嫌われているというより…